×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  壁

 


ながいながーい壁によりそって男が一人、


一日中その壁と話している。


つまらないことかもしれないけれど、真っ白なその壁のまん中で。


時には遠くから、またある時は頭をこすりつけて、


猛スピードで走る線路の下で、


男は声をぶつけている。


何度も何度も声は跳ね返り、男のもとで響きわたる。


男のえがく真っ白な壁、何処までも続く長い壁。


僕がねむけまなこの自転車で通り過ぎると、


男の声が跳ね返って来てしまうので、必死に自転車を走らせるのですが、


白い壁の向こうまで行くには、途中の坂がきつすぎていつも歩いてしまうんだ。


何度も何度も跳ね返り、その声は遠く響いていた。


白くて長いその壁は、男のせたけよりもほんの少しだけ高いだけで、


せいたかのっぽの手が届く、あんまり高くもない普通の壁で、


たまに誰かが見下ろしても、男はそこにも投げつけた。


だあれにも見えないもの、でもさわるとあったかい。


ある時男は壁をのぼり、その壁の向こうに行ってしまった。


男が何度も話しかけたその壁には、


  誰もが目を奪われる夢が、えがかれていた、


長い影がいくらのびても隠しきれない程の


ながい、永い壁が残されていた。